住職便り

トップページ住職便り

心穏やかに

2019年12月2日

今年も残すところあと一か月になりました。

今年は甚大な被害をもたらした災害の年になってしまいました。

被災した方々の住宅は手付かずの状態で新年を迎える方も多くなりそうです。

一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

年末の忙しい時期ですが、お墓参りやお仏壇のお手入れをして、

ご先祖様に感謝の気持ちを伝えてください。

そして、心穏やかに新年を迎えてください。

来年が良い年になりますようにお祈り申し上げます。  合掌

 

カテゴリー:住職便り

祈り

2019年11月5日

9月、10月は甚大な災害の月でした。

二つの台風と大雨、被災された地域の皆様には、

心よりお見舞い申し上げます。

11月に入り少しずつ寒さが増してきました。

被災された地域の皆様が、

一日も早く復興、復旧されることを

願っております。        合掌

カテゴリー:住職便り

台風19号

2019年10月17日

台風19号の影響により被災された皆様には、

謹んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を

心よりお祈り申し上げます。

お亡くなりになった方が70人を超え、

被災した家屋は数知れないほどの災害になつてしまいました。

戦争や交通事故で亡くす命は人災です。

大型台風の原因が異常気象であるならば、自然災害ではありません。

異常気象の原因は、世界中の国々がつくっています。

これは人災です。命の重みを軽んじていいのでしょうか。

世界各地の紛争や、経済戦争、いろんな主張があると思いますが、

そんな事より異常気象は、地球を破壊します。

高学歴の指導者たちは、そんなことは承知しているはずです。

異常気象に対してもっと前向きに取り組んでいただきたい。

そして被災地の復旧を手厚くしていただきたいと、

心より願います。                  合掌

カテゴリー:住職便り

祈る災害復興

2019年10月1日

千葉県中が大きな被害に見舞われた9月でした。

これまで、千葉県は災害の少ない県でした。

その分今回の台風も軽く見ていた方も少なくなかったかと思います。

先月書かせていただいた、

>もしこれが、今自分の住んでいる地域におこった災害であったら、
おそらく仕事も生活もままならない状況になっていると思います。
ここ数年、地球温暖化の影響で多くの災害が起きています。
この問題は、世界中で考えていかなければいけない大きな問題です。

このことがまさに起きてしまい、千葉県中のあちこちで大きな台風被害が出ました。

その復興には、自衛隊をはじめ日本中から災害復興車両が来てくれましたが、

それでもまだまだ不自由な生活をされている方々がいらっしゃいます。

今回自分の身の回りに起きた大きな災害が、これからも起きないとは言い切れません。

今回の災害を教訓として、私たちも「地球温暖化」に対し、

しっかりと向き合っていかなければいけないと思います。

そして、一日も早い復興を願っております。        合掌

 

カテゴリー:住職便り

大切な 命

2019年9月3日

一時の暑さが過ぎ去り、少しずつ秋の気配が感じられるようになってまいりました。

とは言え、まだまだ暑い日が続いています。

今年も、九州北部に記録的豪雨がありました。

ここ数年、特に九州地方への台風や豪雨の災害が毎年のように繰り返されています。

九州地方へお住いの方のご苦労は計り知れないものがあると思います。

もしこれが、今自分の住んでいる地域におこった災害であったら、

おそらく仕事も生活もままならない状況になっていると思います。

ここ数年、地球温暖化の影響で多くの災害が起きています。

この問題は、世界中で考えていかなければいけない大きな問題です。

 

もうすぐ秋のお彼岸です。「彼岸」とはご先祖様のいる世界(極楽)のことです。

現生は「此岸(しがん)」です。

東の「此岸」と西の「彼岸」が最も近づくのが

春のお彼岸「春分の日」と秋のお彼岸「秋分の日」です。

お彼岸にはご先祖様の眠るお墓にお参りをして、

この世にいただいた「命」を感謝してください。

ご先祖様がいなければ私達も「生」を受けていないのです。

「生」を受けて生きていくには、いいことも、悪いこともいっぱいおきます。

ですがそれは「生」を受けたからこそです。

いただいた「生」と「命」をご先祖様に感謝してください。    合掌

 

 

 

 

カテゴリー:住職便り
1 / 15123...最後 »
このページの先頭へ