住職便り

トップページ住職便り

期待と不安の中で!

2021年10月1日

自民党の新しい総裁が決まりました。
新総裁が選ばれるにあたっては、
変革を求める人、安定を求める人、意見はいろいろあったようです。
いずれにしても、国難ともいえるこの時期です。
総理の椅子に座り、内閣が発足すれば、
コロナ対策と経済対策の両立を国民から求められる、
大変な門出であることは間違いないと思われます。
一般の国民は、直接、総理総裁を選ぶことはできません。
その椅子に座った方にお願いするしかありません。
決して投げ出さず、途中で逃げず、お願いいたします。
コロナとコロナによる生活制限で困窮している方があふれています。
どうか以前の生活を取り戻せるようにしてください。

コロナの感染者数が激減していますが、まだまだ油断はできません。
第6派が来ないことを祈るばかりです。
吸引するワクチンや飲む治療薬の開発も進んでいます。
しっかりとした供給体制で、行き渡るようにお願いいたします。
以前の生活が戻ってきますようにお祈りいたします。        合掌

カテゴリー:住職便り

祈る!世界の平穏

2021年9月1日

オリンピックが終わり、パラリンピックが始まりました。
「誰もが支えあう共生社会への取り組みを前進させてゆく」、
「パラリンピックの成功なくして、大会の成功はない」
という都知事のコメントがありました。
大会にはオリンピック同様、賛否両論あるようですが、
始まった以上、素晴らしい大会になってくれることを願っております。

オリンピック・パラリンピックと続いていく中で、
どうしても気になるのがコロナです。
緊急事態宣言は21都道府県に、まん延防止等重点措置は12県に発令されました。
ワクチン接種の数が増えても収まる気配がありません。
感染力の強いデルタ型変異ウイルスも増えています。
今、感染すると医療体制がひっ迫している中で、
病院での治療を受けることが難しくなってきています。
ワクチン接種は100%の予防ではありません。
どうかマンネリ化せずにマスク、手指の消毒等徹底しましょう。

お盆、お彼岸と続くこの時期はお墓参りの機会も増えると思います。
暑い時間帯は、熱中症にも気を付けてお墓参りをしてください。
コロナだけでなく、大雨や台風による災害、さらに熱中症と、
色々なことが重なりますが、平穏な時が来ることを願って、
毎日を過ごしていきましょう。           合掌

                                                        

カテゴリー:住職便り

世界規模

2021年8月2日

新型コロナウイルス感染拡大の最中、世界205の国と地域から、
アスリートや関係者を迎えて、東京オリンピックが開催されています。
感染症の専門家は、「オリンピックの競技によっては観客が密になっている」と、
オーバーシュート(感染爆発)に強い危機感を表しています。
それに対し政治家は、「人流は減っている、ワクチン接種に注力する」と、
あくまで強気の意見です。
しかし、現実には東京都の一日あたりの感染者が4,000人を超えました。
現実の状況を踏まえた政策や方策を実行していただかないと、犠牲になるのは「人の命」です。

アスリートの方々のオリンピックに向かって懸命に努力してきた姿や、
戦いぶりを見ているとTV画面に向かって夢中になって応援してしまいます。
ですが、無観客で行われている室内競技に比べ室外の競技では、
沿道での観戦がかなり密になっているようです。
また、緊急事態宣言が発令されました。応援する側も自重が必要ではないでしょうか。

コロナ禍とオリンピックで見落としがちですが、
日本の猛暑、ヨーロッパや中国の大雨、アメリカ西海岸の山火事と、
異常気象が続いています。海水温の上昇で台風も多く発生しそうです。

オリンピックは世界規模です。人の心も夢中にさせます。
人の命のかかった異常気象やコロナ禍についても、
世界規模での取り組みが必要です。
オリンピック、パラリンピックとコロナが結びつかないよう、
無事閉幕することを祈るばかりです。

もうすぐお盆です。コロナ感染に気を付けてお墓参りをして、
ご先祖様をお迎えください。          合掌
        

カテゴリー:住職便り

平和のなかで……

2021年7月1日

オリンピック・パラリンピックの開催までひと月を切りました。
コロナ禍でなければ日本中が沸き立っているところです。
ここまでくると「中止」はなさそうです。
東京都の緊急事態宣言は解除されましたが、
新型コロナウイルスの混乱が収束したとは言えません、
むしろ、感染者数は増えてきています。
来日したウガンダの選手からも感染が確認されました。
日本人にも濃厚接触者が出ています。
これから、世界各国のアスリート達が来日してきます。
アスリートたちに対するワクチン接種や、規則は厳しく決めてあるようですが、
ボランティアや海外メディア、スポンサー企業の関係者など、
アスリート以外の人も多数関係してきます。
日本の中の感染拡大抑止や、ワクチン接種の拡大がままならない中で、
開催されるオリンピック・パラリンピックです。
きめ細やかな政策が必要ではないでしょうか。

平和の祭典の「開催」により、感染拡大、医療崩壊などとならないことを願うばかりです。
平和のなかで閉幕することを祈っております。               合掌

カテゴリー:住職便り

心配ごと

2021年6月2日

梅雨入りまじかの季節になりました。
予定では、オリンピックの開会式迄2か月を切りました。
オリンピック・パラリンピックは開催して欲しいと思いますが、
新型コロナウイルスの感染状況は、
去年の今頃と比べて良くなっているとは言えません。
ワクチン接種も始まったばかりで、本当に安心安全が担保されるのでしょうか。

医療従事者の方々や、医療設備がオリンピック・パラリンピックに取られてしまうと、
助かるはずの命も助からなくなる方々が出てくる可能性もあります。
平和の祭典であるはずのオリンピック・パラリンピックが、
人々の命を奪うことのないように祈るばかりです。

今年の梅雨入りは例年より早いようですが、
九州では、線状降水帯が観測され豪雨被害がすでに出ています。
今年もコロナ禍の中で異常気象との二重苦の戦いになるのでしょうか。
どうか被害が出ませんように、
一日も早く穏やかな日々が戻ってくることを願っています。     合掌

カテゴリー:住職便り
このページの先頭へ