住職便り

トップページ住職便り

新年のご挨拶

2022年1月1日

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

コロナによる緊縮経済の中、今年一年、
大きな希望や夢を抱くのがなかなか難しい状況ですが、
明かりも見え始めてきています。
承認され、使われ始めた新薬や、
承認申請中の新薬もいくつか出てきました。
楽観的かもしれませんが、今年こそ、
きっといい方向へ向かっていくと思います。
自分で自分を励ましながら、今年一年を過ごしていきましょう。
同時に、いつも見守っていてくださるご先祖様に、
感謝の気持ちをもって、手を合わせてください。
きっと穏やかな気持ちになれると思います。

良き年になりますように心よりお祈り申し上げます。    合掌

カテゴリー:住職便り

今年を振り返って

2021年12月27日

令和3年も終わりに近づきました、
思えば今年の年明けに、きっと誰もが「今年こそは」と思ったはずです。
ところが新型コロナウイルスは収束しませんでした。
変異株が流行し、何度も感染の波が押し寄せ、1日2万人超の感染者、
医療崩壊が叫ばれ、緊急事態宣言の下での生活,経済活動の圧縮、
辛い生活を余儀なくされている方が大勢出ました。
そんな中で、東京オリンピック、パラリンピックでの、
日本人選手の活躍が心にやすらぎを与えてくれました。
世界中では過去に、HIV、SARS、MERS、エボラ出血熱、
インフルエンザといった感染症が流行しましたが、
新型コロナウイルスのように世界中で、日本で、
これほど人々を苦しめる感染症はありませんでした。
過去の感染症を克服してきたように、必ず新型コロナウイルスも克服できるはずです、
希望を持ちましょう、ただ、大きな夢や希望よりも、
身の周りの小さなことに満足することで、
「心のやすらぎ」が得られのではないでしょうか。

前を向いて少しずつ進んでいきましょう。

来年が幸多き年になりますように心よりお祈り申し上げます。     合掌

カテゴリー:住職便り

ふる里へ

2021年12月1日

コロナにはじまりコロナで終わってしまう一年になろうとしています。
日本ではコロナの感染者が激減してきて、
さあ、これから経済の活性化だというときに、
今度はワクチンによる免疫をすり抜けるオミクロン株というウイルスが出てきました。
日本は当面、全世界からの入国禁止という措置をとっています。
専門家の話によると、オミクロン株は感染力が強く、
あっという間に世界中に広まり、やがて日本にも入ってくるとのことです。
どこまでコロナとの戦いが続くのでしょうか、
コロナによる生活苦を強いられて、辛い毎日をお過ごしの方が大勢います。
どうぞ、あきらめないで下さい、戦いましょう目に見えない敵と、
薬や新しいワクチンの開発も進んでいるようです。
希望を持ち続けましょう。

今度のお正月に里帰りを予定している方、里帰りを待っている方、
実現するようにお祈りいたします。
そして、ふる里のお墓参りをしたときに、
ご先祖様にコロナという文字が消えることをお祈りください。      合掌

カテゴリー:住職便り

地球の未来

2021年11月1日

衆議院議員選挙が終わり、
10月が慌ただしく過ぎました。

世界ではコロナの感染者が増加している国もあります。
テレビのニュースなどで見る外国の様子は、マスクをしていない人を多く見かけます。
やはり,日本の感染者減少の理由は、ワクチン接種、マスク、手洗い、消毒なんだろうと思います。
いずれにしてもパンデミックはまだ終わっていません、
第6波が来ないことを願うばかりです。
そして、政治に託したいのは、
コロナにより生活が困窮しているたくさんの人に、分配が早く届くように、
きめ細やかな政策をとってもらいたいと願います。

コロナも大きな問題ですが、今、世界中で異常が日常になっています。
台風の大型化、大規模な山火事、海水温の上昇による海面の上昇、
大雨による大洪水など大きな災害が世界中で起きています。
温室効果ガスは過去最高を記録し、地球温暖化に歯止めがかかりません。
シベリヤの永久凍土が解けて未知のウイルスが出てくる可能性もあるようです。
我々人間が自然を作っているのではなく、
自然が我々を生かしてくれているのだということを忘れずに、
未来のために、子供たちのために、
地球を大事にする取り組みをお願いいたします。       合掌

カテゴリー:住職便り

期待と不安の中で!

2021年10月1日

自民党の新しい総裁が決まりました。
新総裁が選ばれるにあたっては、
変革を求める人、安定を求める人、意見はいろいろあったようです。
いずれにしても、国難ともいえるこの時期です。
総理の椅子に座り、内閣が発足すれば、
コロナ対策と経済対策の両立を国民から求められる、
大変な門出であることは間違いないと思われます。
一般の国民は、直接、総理総裁を選ぶことはできません。
その椅子に座った方にお願いするしかありません。
決して投げ出さず、途中で逃げず、お願いいたします。
コロナとコロナによる生活制限で困窮している方があふれています。
どうか以前の生活を取り戻せるようにしてください。

コロナの感染者数が激減していますが、まだまだ油断はできません。
第6派が来ないことを祈るばかりです。
吸引するワクチンや飲む治療薬の開発も進んでいます。
しっかりとした供給体制で、行き渡るようにお願いいたします。
以前の生活が戻ってきますようにお祈りいたします。        合掌

カテゴリー:住職便り
このページの先頭へ